連載記事/ノートパソコン1台で収入を2倍にする技術(1)

連載記事

2013-02-03_204046
インターネットが、この世の中に存在しなければ、今頃、私の人生はどうなっていただろう?

今回、「ノートパソコン1台で収入を2倍にする技術」というテーマで記事を書いていますが、私自身は、2005年にインターネットにつながったノートパソコン1台で、当時、月に20万円だった収入を、わずか1年で、月収500万円以上に増やしました。

月収20万円が、わずか1年で月収500万円。
ノートパソコン1台で収入が25倍。

それが、2005年に私に起こった出来事です。

 

2013-02-03_204452

その当時、私に起こった出来事は、「月刊BigTomorrow」という雑誌の「一生分のお金を30代で手にした賢い人たちの知恵」という特集記事でも取り上げられ、そのとき話したノウハウは書籍化もされてはいますが、今回の連載記事でも、あなたがいかにして、インターネットに接続されたパソコンを使って収入を増やしていくかということについて、そのエッセンスをお伝えできればと思っています。

 

 

 

yamaichi01
二度の倒産とアフィリエイトとの出会い

思い返してみると、30歳まではロクなことがありませんでした。

大学時代は遊んでばかりいたので単位がとれずに留年。まぁ、これは自業自得なわけですが、留年したことにより、その代償として就職活動では非常に苦労させられました。

私が就職活動を行っていた頃は、誰もが予想だにしなかった大手の会社や銀行が次々と倒産して世間を騒がせていた頃で(代表的なものは、山一證券や北海道拓殖銀行の破綻)、まさに就職氷河期の絶頂でした。

そんな時期だったこともあり、留年している私は、いくら履歴書を送っても面接すらしてもらえないという日々が続きました。

そんな私でも、100社以上に履歴書を送り、面接を申込み、なんとか就職できました。

しかしながら、苦労して入社した会社も、一年わずかで、あっけなく倒産。

その後、再就職した会社も、これまた11ヶ月で倒産。

さすがに、学校を卒業して、わずか二年で、二度も倒産を経験すると、何を信じてよいものやらという気分になりました。

そして、きわめて漠然ではありますが、そもそもサラリーマンとして働いていくことに疑問を感じるようになり、なんらかの方法で、自分の力で稼いでいかないと生きていけないかもしれないなと危機感を持つようにもなりました。

しかしながら、危機感は感じているものの何をすればよいかがわからない。

しかも、倒産を2度経験したうえに、不慮のアクシデントも重なり多額の借金を抱えることとなり、その返済のために、さらに借金をしまくって、気がついたら自己破産寸前の情けないサラリーマンになってしまっていました。(動画

実際、2005年の春頃には、弁護士さんのところに足を運び、自己破産の手続きをすすめていたりもしました。

ただ、自分の中で、そんな現状を認めたくない気持ちもあって、なかなか手続きの準備ができずにもいましたが、今となっては、それが正解でした。

なぜなら、2005年の5月に、私は、一発逆転、自分の一生を大きく変えるものに出会ってしまうからです。

私の一生を大きく変えた出会い。それがアフィリエイトとの出会いです。

 

afi001

アフィリエイトとは、自分のホームページやブログに、広告を掲載し、その広告を経由して誰かが商品を購入したりサービスを申し込んだりすると、一定の割合の報酬が発生する仕組みのことをいいます。

自分のブログから物を買う人なんかいるのだろうか?半信半疑ではありましたが、アフィリエイトを始めるのにお金は一切かからないのと、ただ単に広告リンクを貼り付けるという簡単な作業だけだったので、とりあえず、当時、趣味で作っていたブログに広告を貼り付けてみました。

そして、翌日。

どうせ売れていないだろうと思って、売上管理画面を見てみると、そこには「56円」という成果報酬がカウントされていました。

2000円ぐらいの音楽CD が1枚売れて、その売上の3%の56円が、私の生まれてはじめてのアフィリエイト報酬としてカウントされていたのです。

正直、あまりにも簡単に報酬が発生していたので、最初は「おいおい、本当かよ」と不思議に思いましたが、「ちょっと待てよ。一ヶ月に、一万枚、CD をアフィリエイト販売したら、月収56万円か。こんなに簡単なら、ちょっと頑張れば、スゴいことになるぞ」と、ワクワクする心を抑えることができなくなってました。

次の日も、その次の日も、その次の日も売れている。

こうなるともうアフィリエイトの魔力にとりつかれたも同然で、空いた時間を見つけては、もっと売上をあげる方法はないか?もっと効率的に稼いでいくことはできないか?ということを、インターネットでいろいろと情報収集したり、本屋に並んでいるアフィリエイトに関する書籍を読みあさってみたりと夢中になりました。

 

2013-02-03_205005

ここまでお読みいただき、いかがだったでしょうか?

2度の倒産を経験し、不慮のアクシデントにより多額の借金を抱え自己破産寸前だった私は、2005年5月にアフィリエイトに出会い、はじめてインターネットに接続したノートパソコンを使って「56円」という初報酬を稼ぎました。

この56円という金額を、たった56円と思うのか、最初は56円でも頑張ればスゴいことになる!と思うか、ここに私の人生の分かれ道が、ひとつあったと思っています。

自分の可能性を信じて、とにかく夢中になった。

今では、2つの会社を経営し、自分のお店も2つ持っている私ですが、その原点は、ここにあったと、振り返ってみると、そう思います。

「一ヶ月に、一万枚、CDをアフィリエイト販売したら、月収56万円」

アフィリエイトを理解している人からすると、これがどんなに馬鹿げたことかはわかるでしょう。

1枚売れて56円しかもらえないアフィリエイトで頑張るなんて効率悪すぎます。

でも、当時の私は、そんなこと気にせず、夢中でアフィリエイトを調べて調べて調べまくったんです。

 

2013-02-03_205448
2013-02-03_205505

私は今、ノートパソコンとインターネット接続環境さえあれば、世界中、どこに行ったとしても、何の支障もなく、商売を行い、稼いでいくことができます。

たとえ、そこに友達や仲間がいなくて、たった一人だったとしてもです。

そうなるために、どんな技術が必要なのか?そんな質問をされることが、たまにありますが、私は「まず、なにはなくとも検索技術を身につけましょう」と即答します。

ノートパソコン1台で稼ごうと思えば、今では、ホームページ、ブログ、メールマガジン、ツイッター、フェイスブックなどなど、使える媒体もよりどりみどりなのですが、そういう媒体を使っていくにあたり、わからないことや問題が発生することはよくあることです。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

わからないことは、わからないままにせず、素直に人に聞こう。

私は、小学校で、先生から、こう習いました。

しかし、私が小学校でそう習ってから30年たって、世の中もだいぶ変わりました。

今では、わからないことは、まずグーグルに聞く。

そして、どれだけスピーディに答えにたどりつけるか?

その検索技術が、とても大事な時代だと考えています。

 

2013-02-03_211413

Google は、会社情報のページでも「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」と述べていますが、今では本当に、ほとんどの疑問はグーグルで解決することができると言っても過言ではありません。

 

2013-02-03_211610

もし、あなたが今、「なかなか検索しても答えにたどりつかない」というように検索技術に自信がなければ、ぜひ、「検索 ヘルプ」と検索して、Google 検索サービスの「ヘルプ」のページを、まずはじっくりとご覧になって、そこからいろんなことを学んでみてください。

けっこういろいろな検索ができることに気づくはずです。

また、わからないことを解決するための検索サービスは、なにも「Google」だけではなく、今では、たとえば「Yahoo!知恵袋」や「NAVER まとめ」なども非常に役立ちます。

 

2013-02-03_211921

たとえば、ブログやホームページのデザインを変えたいと思った時、「CSS」についてわからなかった場合、「Yahoo!知恵袋」というサービスを使って、「CSS」と検索すると、自分と同じような疑問をもった人の質問や、それに対して様々な人からの回答を見ることができます。

「Yahoo!知恵袋」のように質問と回答から成り立っているサイトは他にも、「教えてGoo」や「OKwave」などがありますので、仮に「Yahoo!知恵袋」だけで調べていて、思うような情報が見つからなくても、それらのサイトを活用して、さらに情報を探していくこともできます。

 

2013-02-03_212344

また、「NAVERまとめ」というサイトを使って、たとえば「CSS」と検索すると、「CSSの基礎知識・テクニックが参考になるWEBサイトまとめ」というように、疑問を解決するために役立つページを誰かがまとめてくれているページが出てきます。

「NAVERまとめ」は、もちろんジャンルにもよるのですが、どうかすると、Googleで1回1回検索して見ていくよりも、解決策をあらかじめまとめられているページが出てくる分、素早く問題解決することが多いので、個人的には、かなり重宝しているサービスです。

 

2013-02-03_212635

なお、分野によっては、誰が書いたかわからないような記事ではなく専門家の記事を探したいこともありますが、その場合は、「All About」で探すことができます。

というように、今では、ひとことで「検索」といっても、さまざまなサイトを使って、わからないことや、つまづいていることを解決することができます。

どれだけスピーディに答えにたどりつけるか?

検索技術を向上させるためには、やはり、日々、いろんなことを検索で調べる癖をつけ、とにかく、検索しまくって、数をこなし、検索に慣れ、どの検索サービスで、どのように検索すればスピーディに答えにたどりつけるかを、体に覚え込ませる必要があるだろうと私は考えています。

まずは、なにはなくとも、グーグルと仲良くなりましょう。

もしあなたが、IE(インターネットエクスプローラ)ではなく、GoogleChromeFirefoxウェブブラウザとして使っているのであれば、よかったら「斜め」というキーワードで検索したり、「一回転」というキーワードで検索してみてください。

グーグル検索も、「斜め」や「一回転」で検索すると、なかなかお茶目なやつだなぁと思えるはずです(笑)

 

>>連載記事/ノートパソコン1台で収入を2倍にする技術(1)
>>連載記事/ノートパソコン1台で収入を2倍にする技術(2)
>>連載記事/ノートパソコン1台で収入を2倍にする技術(3)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Michael Jackson/Live in Bucha... 連載記事/ノートパソコン1台...